いなり薬院

いなり薬院は、漢方薬・薬草を専門に扱う京都の薬屋さんです

〒600-8837
京都市下京区七条通壬生川西入
(「七条壬生川」バス停前)
      TEL. 075-371-8731
       FAX. 075-371-8731

店・HP

龍谷大学博物館 十二月展

いなり薬院のHPをご覧くださってありがとうございます。

来月初め、龍谷大学大宮学舎で十二月展が開催されます。
文学部博物館実習の学生さんがその年のテーマに沿った研究を発表される
企画展示です。
今年度は、
「いろはの医~祈りと医療の歴史」

同大学秘宝の文書などと共に、
なんと!当店の薬研や百味箪笥、生薬が展示されます。
「実際に使われていたものに意味がある」という
学生さんの熱意に感じて、提供させていただくことにしました。

会場の大宮学舎本館は、明治初期の美しい西洋風建築。
重要文化財に指定されていて、
以前このブログの「近隣散策」にも登場しました^^
七条大宮交差点から東へ歩いてすぐ。
ぜひご来場ください。

龍大チラシ 縮小

出逢い

いなり薬院のHPをご覧くださってありがとうございます。

当店のショーケースには、昔の薬屋さんの必需品だったものが置いてあります。
薬研(やげん)、棹秤、薬味箪笥など、
どれも祖父が創業当時から実際に使っていたものです。
先日、龍谷大学の学生さんが、これらを撮影しに来られました。

出逢いは夏の初め・・・
若いお嬢さんが「ショーケースにある道具を撮らせてください」と
来店されたのです。
聞くと、龍谷大学博物館で日本での医学・薬学のあゆみのテーマにした
研究発表をされるとのこと。
調査や資料集めをする中で、
店頭にある古い道具や生薬に興味を持たれたそうです。

今回は、白布をバックに現物を撮影。
中嶋生薬様にご提供いただいた生薬サンプルなども、
一つ一つ寸法を測って記録されていました。
そして、生薬学を修めた薬学博士で大学研究員でもある夫が、
中国から日本伝来~現代に至る薬の歴史をミニレクチャー。
とても熱心に聞き入っておられました。

若い方が一生懸命勉強をされている姿を見るのは、本当に嬉しいものです^^
展覧会は12月上旬。
近くなったら、詳細をご案内しますね!

トップページの画像を変えました

いなり薬院のHPをご覧くださってありがとうございます。

長らくご無沙汰してしまいました。
何故かページが更新できなくなって、あれこれやってもダメで・・・
時間がかかりましたが何とか復活できて、胸をなでおろしています^^

トップページには薬用植物の写真を!
HP開設当初からの念願が、やっと実現できました。
「黄連(おうれん)」です。

良薬口に苦しという諺は、この薬のこと?と思うくらい、苦い!
飲み過ぎ・食べ過ぎ・食欲不振・下痢・腹部膨満等々・・・
胃腸不良の時、頼りになるお薬は、
わずか10センチにも満たない、この小さな植物の根なのです。
可憐な白い花ですが、根は真っ黄っき!
収穫までに5年以上有することもあり、
特に日本産は稀少です。

寒い夜に…

いなり薬院のHPをご覧くださってありがとうございます。

夜、冷え込むようになりましたね。
今年は11月に急に寒くなったので、紅葉が鮮やかなんだとか…
特に昨夜からは、真冬のような寒さです。

そんな寒い夜にホッと一息つく時、どんな飲み物を手にされますか?
ココア、ホットレモン、甘酒、熱燗…!?
今年は、そのリストに生姜湯を加えてみてはいかがでしょうか?

当店のカウンタ-には、製薬会社が作った生姜湯を置いています。
「お薬屋さんの生姜湯」としてリピーターがとっても多く、
まとめてお求めになる方もある珍しくありません。
スーパーやお菓子屋さんにある生姜湯と違って、甘さ控え目なのも好評の理由のようですね^^
葛も、生姜も、「葛根湯」に配合される生薬。
それに、強壮・疲労回復などに用いられるエゾウコギも入っています。
すっきりと飲みやすいのですが、
「辛い目が好き!」という方は、粉末の薬用生姜やおろし生姜を加えてもOK!

寒~い夜に、湯飲み茶わんに熱湯を注いで、生姜湯…
じんわりと、温まりますよ。

桑の葉茶~今週の薬草茶

いなり薬院のHPをご覧くださってありがとうございます。

今日の京都は、雨。
各地で大変な大雨になっているようで…
被害に遭われた方には、心からお見舞いを申し上げます。

今週の薬草茶は「桑の葉茶」です。
お蚕さんが食べる葉っぱ…!?と連想される方も多いと思いますが、
その根皮は、「桑白皮(そうはくひ)」という第3類医薬品。
血糖・血圧降下、利尿、解熱、鎮咳などの効能があります。

近年、葉に含まれる成分の研究も進み、
糖の吸収を抑制する効果が明らかになっています。
血糖値や血圧が高めの方はもちろん、
体脂肪が気になる方にも最適のお茶です!

その後・・・

いなり薬院のHPをご覧くださって、ありがとうございます。
梅雨があけて、いきなりの酷暑ですね!

ブログやフェイスブックで何度かご紹介した紅花。
思わぬアクシデントで、その後の開花が心配されましたですが、
無事、21輪すべてが花をつけてくれました。

現在はすっかり枯れています。

紅花

こんな状態のまま置いているので、
ご来店された方や道行く方々にお尋ねいただくことが多いです。
でも、横着してほったらかしにしているのではないのですよ^^

紅花は散らずに花をつけたまま枯れます。
花びらは、枯れて赤みが増したものを夏に採集するとのこと。
生薬の栽培~採集までの過程をたどってみたいと思っています。

ビワ茶~今週の薬草茶

いなり薬院のHPをご覧くださってありがとうございます。

今日はやっと梅雨らしいお天気です。

今週は「ビワ茶」を試飲していただいています。
どこか懐かしい果物としておなじみのビワ。
その葉は、暑気払いのお茶として昔から重宝されていて、
健胃、利尿など作用もあり夏バテ予防にピッタリです。
まさに、夏に最適!!

クセがなくさっぱりしているので、
薬草ビギナーには特におすすめなんですよ!
ご来店された方々も
「本当に飲みやすいのねぇ~」と、意外な顔をされます^^

またビワ葉は、入浴剤として
お肌の弱い方も安心して使っていただけます。

是非お試しください!

結石の辛さ~裏白柏

いなり薬院のHPをご覧くださってありがとうございます。

尿路結石を経験された方をご存じですか?
「のた打ち回るような激痛で救急車を呼んだ」
以前知人から聞いた話です。
痛いのが苦手な私は「絶対なりたくない!!」と思いました^^;

胆石、尿路結石、腎結石…
遺伝的要素であったり、食生活であったり
原因についてはいろいろ言われていますが、
いずれも一度なると繰り返すことも多い病気です。

先日、商品一覧のページにアップした「裏白柏(うらじろがし)」は、
本州~四国・九州に自生するドングリの仲間の植物です。

「流石茶」の別名を持つこの薬草、
それ自体は非医薬品なのですが、
病院で処方される医療用結石治療薬は、
このウラジロガシエキスを製剤にしたものなのですよ。
まさに、生みの親!
だからこそ、 結石ができたことがある方に
是非ご家族で飲んでいただきたいお茶なのです。

試飲していただけます!

いなり薬院のHPをご覧くださって、ありがとうございます。

ずいぶんと早い梅雨入り宣言のあとは、連日の晴れ間…
何だか、一段と暑く感じますねぇ。

今年も薬草茶の試飲を始めました!
暑い中お越しくださった方に、薬草茶をお試しいただいています。

「薬草茶なんて飲んだことないゎ」
「興味はあるけど、本当に飲みやすいの?」
・・・そんな方、大歓迎です^^
お散歩やお出かけのついで、バスが来るまでの時間など
どうぞ気軽にお立ち寄りください。
ひんやりした薬草茶を、週替わりで用意してお待ちしています!

紅花

いなり薬院のHPをご覧くださってありがとうございます。

以前ブログでご紹介した紅花が4つ、花を咲かせています。
生薬名「コウカ」
DSCF2425

切り花で用いられるのはトゲなしに品種改良されたものが多いですが、
これは、今では大変珍しくなった固有種で、
葉先もガクも、鋭くとがって痛いです^^;

DSCF2428

21個のつぼみをつけてくれたので、
順々に咲いて、もう少し楽しませてくれると思います。