いなり薬院

いなり薬院は、漢方薬・薬草を専門に扱う京都の薬屋さんです

〒600-8837
京都市下京区七条通壬生川西入
(「七条壬生川」バス停前)
      TEL. 075-371-8731
       FAX. 075-371-8731

薬・薬草

春の和の花展

いなり薬院のHPをご覧くださってありがとうございます。

現在、梅小路公園にて「春の和の花展」が開催されています。
公園内の朱雀の庭・いのちの森で、
毎年春と秋に開催される植物の展覧会なのですが、
今回の企画展示「薬用植物としての和の花」に、
当店が提供した『大和当帰』が展示されています。
花期は夏ですので、まだ花は咲いていませんが…
開花の様子は、以前にこのブログでご紹介しましたよね?

大和当帰は、春に種をまいて1年かけて苗を作り、
翌春に定植します。
花を咲かせないように育てて晩秋に掘りあげ、根を薬に調製するのです。
奈良県大深地域で良品が栽培されたことから、
大深(おおぶか)当帰とも呼ばれます。

明日からはゴールデンウィーク。
梅小路公園内には水族館や鉄道博物館、
朱雀の庭日本庭園もあります。
園内を散策して芝広場でお弁当を広げる…
そんなゆっくりとした休日は、いかがでしょうか?

http://www.kyoto-ga.jp/event/2017/04/22_1615.html

女子駅伝

いなり薬院のHPをご覧くださってありがとうございます。

皆さん、ご覧になりましたか?昨日の女子駅伝。
全国から集まった精鋭女子ランナーが、
新年の都大路を爽やかに駆け抜ける恒例の大会です。
が、今年はあいにくの大寒波!
前夜から勢いを増した雪は、翌朝には15㎝の厚さで京都の街を覆いました。
滑ったり転んだりしないか心配しましたが、
見る限り転倒やケガもなく無事にゴールされて、
本当によかったです^^
選手と、大会を支えたスタッフの方々に拍手を送りたいと思います。

マラソン・駅伝のシーズン真っ只中。
来月19日には、京都マラソンも開催されます。
高倍率を抜けて参加されるランナーの方々。
足のつりや痙攣に、手軽に飲める
「芍薬甘草湯ゼリー」も準備して、
全力を尽くしてくださいね!

パクチー

いなり薬院のHPをご覧くださってありがとうございます。

今、パクチーがブームなんですってね?ご存知でしたか?
朝の情報番組の料理コーナーでは度々使われていますが、
我が家の食卓には一度も登場したことがありません^^;

そんなパクチー、先月、中国へ行った時に初体験!
皿に山盛りで出てきた、生パクチー。
醤油仕立てのタレにつけていただいたい第一印象は…
「十薬の味や!」
確かに、独特の味?におい?で好き嫌いがあると思いますが、
これも、きっと体にいいんだろうなぁ…って思いながら、
またお箸を伸ばしていました^^

「十薬(ドクダミ)はマズイし臭い…」と思っている方もあると思いますが、
実は、パクチーと同じ味のお茶。
飲んでみると意外と大丈夫💛って方、きっと多いんじゃないかしら?
是非、一度お試しあれ^^

何の花でしょう?

いなり薬院のHPをご覧くださってありがとうございます。

DCIM3118

カスミソウを思わせる白い可憐な、この花
薬草の「当帰(とうき)」の花なのです。
実は、兵庫県で畑をしていまして…
その一角で、ちょっと控えめに咲いています。

2年がかりで栽培するその根は、
女性に心強い漢方処方の主剤として使われます。
昔、妻が病に罹った為に夫が家に帰らなくなってしまったが、
この薬草を飲んで健康を取り戻し、
「当に帰ってきた」ことが
名前の由来とも言われています。
血の巡りを良くし、身体を温める効果を考えると、
このお話にも頷けますね。
セリ科植物のいい香りもするので、
入浴剤としても使われます♨

根に養分を蓄える為に、本当は花を咲かせないように栽培するのですが、
楽しみとして花を咲かせています。

京都マラソン

いなり薬院のHPをご覧くださってありがとうございます。

梅がほころぶこの頃、
冬のスポーツ・マラソンは大詰め。あちこちで大会が開催されていますね!
京都でも、今週末(2/21)「京都マラソン」が行われ、
全国のマラソン愛好者が京都の街を駆け抜けます。

スポーツ選手によく知られている、芍薬甘草湯
足のつりや筋肉の痙攣に素早く効果を発揮する漢方薬です。

水なしで、その場ですぐに服用できる
ゼリー状の「芍薬甘草湯ゼリー」は、
特に市民ランナーの皆様にご好評いただいています。
ウェストポーチに1包入れておくと安心…
全力でゴールを目指してくださいね!

お屠蘇

いなり薬院のHPをご覧くださって、ありがとうございます。

いよいよ一年を締めくくる師走となりました。
当店にもお屠蘇が入荷し、いよいよ年末!という感じです。

最近は、お正月に飲む日本酒をお屠蘇だと思っている方も多いようですが、
本当は、数種類の生薬をお酒や味醂に浸けて作る「薬用酒」なのですょ。
年の初めに用いて邪気を祓う、その習わしは、
千年以上昔、平安の時代から伝わると言われています。

用いられる生薬は、地域や製造者によって異なりますが、
主に白朮(おけら)、山椒、肉桂(シナモン)、桔梗、防風などが配合されます。
そこで大切なのは、用いる生薬の品質。
生薬は、原料となる植物の品質や加工調製の方法、
また保存方法によって、香りや薬効に大きく違いが生じます。

老舗生薬問屋 中嶋生薬さん謹製の「御屠蘇」は、ことのほか香りがいいと評判で、
しばしばメディアにも取り上げられるとか…
漢方・生薬専門の当店が自信を持ってお薦めする縁起物です。

3時間ほど浸けておくだけで簡単に作ることができます。
来年は、他とは違う「ホンマもんのお屠蘇」で、
新年を迎えてはいかがでしょうか?

数量限定品ですので、ご希望の方はお早めに!

お屠蘇

免疫力アップに~板藍根

いなり薬院のHPをご覧くださってありがとうございます。

朝晩、冷えるようになりました。
こんな頃は特に体調を崩しやすいので、気を付けてくださいね。

最近、すぐ風邪をひくようになっていませんか?
また、口内炎がよくできる、
扁桃腺が腫れやすい、お腹を壊しやすい・・・
そんな方に是非お勧めしたいのが「板藍根(ばんらんこん)」

板藍根は、アブラナ科の植物の根を乾燥させた生薬。
日本では健康補助食品ですが、
中国では《清熱解毒》などの抗菌、抗ウィルス作用を持つ薬として、
細菌・ウィルス感染や炎症に、広く使われています。

ほんのり甘いキャラメル風味のエキス細粒ですので、
小さな子どもさんから年配の方まで、無理なくお使いいただけます。
「子どもに『もっとちょうだい!』とねだられます^^;」とか
「毎日、牛乳に入れて飲んでいます」などの声も聞かせていただいています。

これから受験シーズンを迎え、インフルエンザの流行も気になる頃・・・
免疫力を高めて、風邪の予防や健康維持に
是非お役立てください。

疲れた時に頼りになる「万病感応丸」

いなり薬院のHPをご覧くださってありがとうございます。

今日は、万病感応丸のお話をしたいと思います。
これの元となるお薬が本格的に販売されたのは、1714年。何と300年前!!
滋賀県日野の商人が、全国を行商する際に携帯した薬が浸透し、
明治10年には、今の形(半月形)で製造されていたというから、
またまた驚きですよね?

動悸、息切れなどに使う生薬製剤には、
お馴染みの○神丸、救○などの他にも、いろいろなお薬があります。
そのほとんどに「ジャコウ」「ゴオウ」「人参」「沈香」などの、
強心作用や鎮静効果のある生薬が配合されています。
いずれも優れた「効果」を持つのですが、「高価」でもあるため
実際に配合されている量は、さまざまです。

では、数ある同様の生薬製剤の中で、なぜ当店では「万病感応丸」を取り扱うか?

それは、有効成分含量が、圧倒的に多いからなのです。
1日量で比較して、3倍~10倍以上もの量の高貴生薬が入っています。
一見、お値段は少々高く思われるかもしれませんが、
成分含量を比べると、納得です!
疲れが取れない、何となくしんどい、体がシャンとしない、
また、イライラして眠れない時、
人前で話す時の緊張・興奮を和らげたい時にも、
心強い味方となってくれますよ!

何を隠そう…私のバッグには、いつも入れてあるのですから^^
ストレスの多い現代社会…
是非一度、その効果を実感してください!

マラソンなどのスポーツにも!芍薬甘草湯ゼリー

いなり薬院のHPをご覧くださってありがとうございます。

このたび松浦漢方から、日本初ゼリータイプの漢方薬が発売されました!
第一弾は「芍薬甘草湯ゼリー」

芍薬甘草湯は、代表的な痛み止めの漢方処方で、
筋肉の緊張による痛みや痙攣などに、素早く効果を発揮してくれます。

このお薬の特徴は、何と言っても
「いつでもどこでも、水なしで飲めること」
これってホント、便利なんですよ。
例えば、夜中によく足がつる方。
枕元に置いておけば、手を伸ばして封を切るだけ!
体を起こして水を汲む手間もなく、すぐに服用できます。

その他にも…
先日聞いた知人の話。
マラソン愛好者には、足がつらないように、
スタート前に芍薬甘草湯を飲む人が結構いるとのこと。
ゼリーだとすぐ飲めるので、アウトドアでも重宝しますよね。
そう言えば、息子のサッカー部のママ友の必須アイテムでもありました…

身内では、生理痛。
「飲んだら、いつの間にか治ってたって感じ」
などなど…

かく言う私にとっては、ひどい肩こり時の頼みの綱です^^

第2類医薬品ですので、店頭でしっかりご相談の上ご使用くださいね。

出逢い

いなり薬院のHPをご覧くださってありがとうございます。

当店のショーケースには、昔の薬屋さんの必需品だったものが置いてあります。
薬研(やげん)、棹秤、薬味箪笥など、
どれも祖父が創業当時から実際に使っていたものです。
先日、龍谷大学の学生さんが、これらを撮影しに来られました。

出逢いは夏の初め・・・
若いお嬢さんが「ショーケースにある道具を撮らせてください」と
来店されたのです。
聞くと、龍谷大学博物館で日本での医学・薬学のあゆみのテーマにした
研究発表をされるとのこと。
調査や資料集めをする中で、
店頭にある古い道具や生薬に興味を持たれたそうです。

今回は、白布をバックに現物を撮影。
中嶋生薬様にご提供いただいた生薬サンプルなども、
一つ一つ寸法を測って記録されていました。
そして、生薬学を修めた薬学博士で大学研究員でもある夫が、
中国から日本伝来~現代に至る薬の歴史をミニレクチャー。
とても熱心に聞き入っておられました。

若い方が一生懸命勉強をされている姿を見るのは、本当に嬉しいものです^^
展覧会は12月上旬。
近くなったら、詳細をご案内しますね!